科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
S-103 HTMLとCSS - 1年 15 ホームページを作成する技術として、HTML、CSSの基礎を講義と実習にて習得する。
C-112 ITストラテジとマネジメント - 1年 30 企業におけるIT戦略で重要となる「システム戦略」「経営戦略」「企業と法務」「プロジェクトマネジマント」「サービスマネジメント」について、講義を通して用語知識を習得する。
C-101 ITの職業と情報倫理 - 1年 15 これからITを学習するにあたって必要となる基礎知識とリテラシーについて、様々な具体例を通して学習する。
S-102 アルゴリズム基礎 - 1年 30 フローチャート及び疑似言語を用いて代表的なアルゴリズムについて、講義と演習問題を通して表現できる知識を習得する。
C-510 ゼミ - 1年 30 設定した特定のテーマについて、グループで役割分担しながら、調査研究、設計・開発・テスト、研究成果発表を行い、卒業年度ゼミ・卒業研究へとつなげていく。
C-108 コンピュータシステム1 - 1年 15 離散・応用数学,情報,通信,計測・制御に関する基礎理論について習得する。また、コンピュータのハードウェア、ソフトウェアとしての構成要素について習得する。
C-109 コンピュータシステム2 - 1年 15 データベースの概念、ネットワークの概念、システム開発に関する各種技法手法について習得する。
C-107 データ構造とプログラミング - 1年 15 プログラミングで必要となる「データ構造」「アルゴリズムの表現法」「代表的なプログラミング言語とその特徴」について、講義と練習問題を通して基礎的な知識を身に付ける。
C-503 ヒューマンスキル - 1年 15 社会人基礎力の3つの力、12の能力要素について、グループ討議を中心とした演習を通して社会人としての素養を習得する。
C-504 ホームルーム - 1年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
S-108 各種検定試験対策1 - 1年 15 各クラスで設定する検定試験に合格するために必要な知識を、過去に出題された問題を演習し習得する。
S-109 各種検定試験対策2 - 1年 30 各クラスで設定する検定試験に合格するために必要な知識を、過去に出題された問題を演習し習得する。
C-506 国試対策(秋期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-505 国試対策(春期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
S-104 Java - 1年 45 様々な分野で使われるJavaの基本的な言語仕様を学び、コンパイル言語の開発方法、プログラム言語の基礎知識、アルゴリズムをプログラムで表現する方法を学ぶ。
C-514 IoTとビッグデータ - 1年 2 IoTとビッグデータの「意味」「基本要素」「利活用」と、AI(人工知能)との関連について講義と事例を通して習得する。
S-107 SEA/J基礎コース - 1年 30 情報セキュリティ技術の必要性や情報機器への設定について、講義を通してセキュリティ・リーダに必要な基礎知識を習得する。
S-105 アルゴリズム応用 - 1年 30 「アルゴリズムの基礎」にて習得した学習内容を踏まえて,応用情報で出題されるレベルの学習をする。
S-205 データベース応用 - 1年 30 「データベースの基礎」にて習得した学習内容を踏まえて,応用情報技術者試験で出題されるレベルのデータ操作言語(SQL)およびデータの正規化について演習を通して実践的に学習する。また、ORACLE MASTER取得のためのSQL文の基礎を学習する。
応用情報レベルのSQL文および正規化を実践的に学習することにより,IPA応用情報技術者(レベル3)シラバス「3-9.データベース」の内容を包括する。
S-106 ネットワーク応用1 - 1年 15 ネットワーク構成の理論や設計方法について、講義を通して必要な知識と具体的手法を習得する。
S-101 ビジネスソフト(Excel) - 1年 15 情報処理技術者、特に特に基本情報技術者試験の午後の問題で出題される『表計算』分野にて対応できるよう講義と豊富な練習問題を通して習得する。
C-511 インターンシップ - 1年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。