OPEN CAMPUS

10/2SUN
10:00~

インターネット出願

資料請求(無料)

分野・専攻紹介

JOHOのAI教育

Artificial Intelligence(人工知能)

簡単にいうと人間のようなコンピュータシステムです。
より多くの情報から人間のように学び、人間のように答えを導き出します。

AIエンジニアの仕事内容

Q.AIエンジニアってどんな仕事?

ⅠTエンジニアの職業の一つで、中でもAIに関する専門知識や技術を有しています。社会のさまざまな課題を解決できるようAIを用いたシステムを構築し、より便利で快適な社会や生活に貢献できる最先端の技術者です。

必要な能力・資質

必ず必要となる学歴や資格ありませんが、AIやIoTに関して高度な専門知識・技術が必要となるため、実践的な教育を受け基礎を身につけてから就職するのが望ましいでしょう。最先端として注目されるAIは今後も変化していくと考えられます。常に最新の情報に目を光らせて自らを進化させる向上心が必要です。

将来性

AIの技術は最先端なので、AIに携わる技術者は現在まだ人材不足で、今後ますます需要は高まると考えられます。経済産業省はビッグデータやIoT、AIなどに携わる人材を「先端ⅠT人材」に認定し、日本の産業発展のカギを握る人材として育成や人材確保に力を入れています。

AIエンジニアによって
未来はどう変わる?

超スマート社会の実現SOCIETY5.0
Society5.0 超スマート社会

Society5.0で実現する社会

これまでの情報社会(Society 4.0)では知識や情報が共有されず、分野横断的な連携が不十分であるという問題がありました。人が行う能力に限界があるため、あふれる情報から必要な情報を見つけて分析する作業が負担であったり、年齢や障害などによる労働や行動範囲に制約がありました。また、少子高齢化や地方の過疎化などの課題に対して様々な制約があり、十分に対応することが困難でした。

Society 5.0 で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。

出典 : 内閣府ホームページ https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/

Society5.0実現に向けた
JOHOのAI教育

産学研連携の実践的なカリキュラム

JOHOは文部科学省より職業実践専門課程の認定を受けています。JOHOのグループ企業であるⅠT企業や研究所と連携することで、現場で求められる実践的な教育を実現します。

中四国トップの国家試験合格実績を
活かした教育

JOHOは中四国トップの情報処理国家試験合格実績を誇る指導力で、初心者でも基礎から応用まで幅広い知識と技術を習得しています。その豊富な教育ノウハウを駆使してスムーズにAⅠを理解し、AⅠを業務活用できる即戦力を養います。

AIをいち早く学び、最先端で
未来を変える一員となろう!