学生一人ひとりの将来の可能性を広げるために

自分のなりたい夢に関する資格取得もしっかりバックアップ!
JOHO生は様々な検定に挑戦し、高い合格率を維持しています。

情報処理技術者試験(国家試験)詳細を見る

ネットワークスペシャリスト

ネットワークは情報システム基盤であり、個別のアプリケーションシステムの構成要素ともなります。また、マルチメディアへの展開も含め、ネットワークに要求される機能要件は急速に進展しています。目的に適合したネットワークを構築・維持するための知識・経験・実践能力を問う試験です。

詳細を見る

情報処理安全確保支援士

サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を有し、安全な情報システムの企画、設計、開発、運用、サイバーセキュリティ対策の調査、分析、評価などにおいて、的確な支援や指導をするための実践力を問う試験です。

詳細を見る

データベーススペシャリスト

基幹業務の効率化と情報活用の高度化の両面において、データベースは重要な役割をもちます。高品質なデータベースを構築・維持するための幅広い知識・経験・実践能力を問う試験です。

詳細を見る

応用情報技術者

情報システム開発におけるソフトウェア開発技術者として、外部仕様に基づいて内部設計・プログラム設計・プログラム開発を行い、高品質なソフトウェアを開発するための知識・能力を問う試験です。

詳細を見る

基本情報技術者

情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、情報システム開発においてプログラムの設計・開発を行うとともに、将来高度な技術者を目指す者としての知識・技能を問う試験です。

詳細を見る

ITパスポート

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者の知識・技能を問う試験です。

詳細を見る

ベンダー資格試験

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

Microsoft Office Specialistとは、マイクロソフトのOffice製品に含まれるExcelやWord、PowerPointなど、あなたが日頃使っているアプリケーションソフトの利用能力を言葉でなく資格として証明できるマイクロソフト主催の資格試験制度です。

詳細を見る

Oracle Master

オラクルマスターとは、データベース製品で世界的に高い評価を受けるオラクル社が、その製品に関する技術力を認定する制度です。オラクルマスターはその技術や知識のレベルに基づき、Bronze、Silver、Gold、Platinumと4段階にランク分けされています。

詳細を見る

シスコ技術者認定試験

シスコ技術者認定試験は、ネットワーク製品、ソリューションにおけるリーディングカンパニーであるシスコシステムズ社が実施しています。ルーティング、スイッチング、ネットワークデザイン、ネットワークセキュリティなどの認定分野があり、それぞれにアソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートと3つのレベルが設定されています。

詳細を見る

Android技術者認定試験

日本のみならず、全世界160カ国に配信されており、日本語、英語、繁体中国語での受験が可能です。
既に全世界で、3,200人(2013年6月現在)を超える受験者数を数え、グローバルスタンダードとして評価されています。

詳細を見る

CompTIA Network+

ネットワーク技術に携わる職種に不可欠な知識、スキル、問題解決、技術遂行などの実務能力を評価する認定資格です。世界中で技術者の育成や採用の基準として活用され、米国国防総省では継続的に取得必須な認定資格になっています。

詳細を見る

SEA/J セキュリティ・エデュケーション・アライアンス・ジャパン

さまざまな職種で必要とされるセキュリティ全般の基礎知識を認定する資格。特定のベンダーに依存しない、業界初の経済産業省ITSSに対応した認定資格です。

詳細を見る

検定試験

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、ディジタル映像部門とWebデザイン部門の二部門から構成されます。ディジタル映像部門では、構図やライティング、カメラワーク、映像編集などの映像表現技術の基本と、3次元CGによるモデリング、アニメーション、シーン構築といった制作手法や制作工程に関する知識を問います。CGによるディジタル映像制作を行うために必要な能力を測ります。Webデザイン部門では、コンセプトメイキングや情報の構造、インタフェースといったWebデザインの基本から、制作に必要なページデザインや動きと音の効果、そしてテストと評価、運用に至る全工程の知識を問います。

詳細を見る

CGエンジニア検定

CGエンジニア検定は、CG部門と画像処理部門の二部門から構成されます。CG部門では、ディジタル映像やアニメーション、ゲーム、VR、MR、Web3Dなどのアプリケーションソフトの開発やカスタマイズ、システム開発を行うために必要な能力を測ります。画像処理部門では、製品検査、パターン認識、医用、リモートセンシング、ロボットビジョン、交通流計測、バーチャルスタジオ、画像映像系製品などのソフトウェアやシステム、製品などの開発を行うために必要な能力を測ります。

詳細を見る

情報検定(J検)

「情報」を扱う人材に必要とされるICT能力を客観的基準で評価する、文部科学省後援の検定試験です。情報システムを「創る」専門性の高い能力を評価する「情報システム試験」、情報を「使う」能力を評価する「情報活用試験」、情報を「伝える」コミュニケーション能力を評価する「情報デザイン試験」の3つの体系に分かれています。

詳細を見る

ビジネス能力検定(B検) ジョブパス

文部科学省認定の公的資格で通称「B検」と呼ばれ、3級・2級・1級の段階があります。社会人としての基礎知識から、ビジネス文書、情報化時代の仕事の進め方など幅広い能力が必要とされます。

詳細を見る

医療情報技師能力検定

医療や福祉の専門職として、最適な情報処理技術の知識をもち、医療情報を安全で有効に活用し提供することができることを認定する試験です。認定証は5年間有効で、その間に新しい技術を習得して一定の条件を満たした人は、5年間延長されます。医学医療系、医療情報システム系、情報処理技術系があり、すべて合格して初めて技師と認定されます。

詳細を見る

医療事務管理士技能認定

医療事務の業務には、医療機関内での患者受付け、治療費の計算、診療報酬明細書作成、カルテ管理などがあります。医療保険制 度や診療報酬の仕組みを理解し、正確に診療報酬を算定できる事務スタッフは、医療現場を事務面からサポートする専門家として、医療機関では欠かせない存在 です。

詳細を見る

医療情報基礎知識検定

医療情報技師を目指す方のステップアップのための検定試験です。

詳細を見る

診療報酬請求事務能力認定

診療報酬請求事務に従事する人の資質の向上を図るための厚生労働省認可の財団法人 日本医療保険事務協会が年2回実施する唯一の全国一斉に実施されている統一試験です。

詳細を見る

医療秘書技能検定

医療秘書をはじめ医療の事務に従事する人材の質的向上は、医療秘書教育に携わる者にとって多年の課題でした。特に現代のように、医療内容が高度化・専門化 し、 また多くの人が関係するチーム医療が主流となる状況にあって、医療秘書は事務面における専門的な援助と、各部門の連絡調整を果たす重要な役割を担っていま す。その質的向上は各方面から望まれ、全国の医療秘書教育機関が集う「医療秘書教育全国協議会」としても緊急に取り組む課題でもありました。このような状 況から誕生したのが、医療秘書技能検定です。

詳細を見る

調剤事務管理士検定

保険調剤薬局の受付、会計、レセプトなどの業務を担当する事務スタッフのスキルを証明する資格です。医薬分業が進み、多忙な薬剤師のサポートができる人材が必要とされており、全国の保険調剤薬局で高く評価されています。

詳細を見る

秘書技能検定

上司の周りの世話や仕事のサポートをする秘書として、職務知識、一般知識、マナーや接遇、ビジネス技能などの能力を証明する資格です。これらは広く社会人に必要な能力でもあるので、秘書という職務に限らず役立ちます。

詳細を見る

日商簿記検定

簿記会計に関する検定試験として最も歴史が古く、現在の実施規模で最大のものです。1級は大企業経営・会計士指導者向けの資格です。2級は中小企業経営者・会計主任向きです。3級は小企業経営者・一般記帳係向きです。

詳細を見る

日商販売士検定

流通業界で唯一の公的資格です。商品陳列や接客技術、消費者心理、高度な商品知識や接客マナーなど幅広い知識が問われます。

詳細を見る

日商PC検定

文書作成(Word)、データ活用(Excel)、プレゼン資料作成(PowerPoint)に必要な知識、技能を身に付けビジネスシーンで活用できるスキルを証明する資格です。ITに関する知識とそれらを活用するための能力も問われます。

詳細を見る