科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
S-203 JavaScript - 2年 15 JavaScriptの基本的な文法、制御文を学び、ビルトインオブジェクト、関数、Webブラウザのオブジェクト、DOM、jQueryの使い方を学ぶ。
C-501 デジタル社会の法制度 2年 15 情報処理技術者に必要な「法律」「制度」「標準化の必要性と動向」「サイバー犯罪」「プライバシーの問題」について、講義と事例を通して実践的な知識を習得する。
C-502 ビジネスマナーと文書技法 - 2年 15 ビジネスマナーとeメールを含むビジネス文書について、講義とさまざまなケーススタディにおける接客対応の実例や確認問題を通して習得する。
C-503 ヒューマンスキル - 2年 15 社会人基礎力の3つの力、12の能力要素について、グループ討議を中心とした演習を通して社会人としての素養を習得する。
C-504 ホームルーム - 2年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
C-506 国試対策(秋期) - 2年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-505 国試対策(春期) - 2年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-513 就職対策 - 2年 30 就職活動の場で活かすことができる知識やマナーを身に付ける。
S-209 AIの活用と開発手法 - 2年 15 AI(人工知能)の「しくみ」「活用法」「利点・欠点」について、事例や演習・実習を通してAI関連システムの開発に必要な知識を学習する。
S-211 CompTIA Network+対策 - 2年 15 CompTIA Network+を受験するにあたって、講義と練習問題で資格取得に必要な実力を習得する。
S-204 Linux - 2年 15 Linuxを用いたサーバの構築・運用管理について、実習を通じてLinuxの基本的知識や操作方法、運用管理に必要な知識を習得する。
S-208 Webアプリケーション構築 2年 60 Tomcatを使ってJavaサーブレットとJSPを使ったWebアプリケーションの作成と脆弱性対策を学ぶ。科目Java入門、オブジェクト指向プログラミングを修了した学習者を対象とする。
S-201 アプリケーション開発技術 - 2年 15 システム開発の手順、各種の設計手法について講義または演習を通して理解をする。
S-202 オブジェクト指向プログラミング 2年 60 先行科目「Java」で学んだ学生に対し、講義と実習を通してJava言語によるオブジェクト指向プログラミングを学ぶ。
S-207 オブジェクト指向設計 - 2年 15 アプリケーション開発技術で学んだ内容を基に、UMLモデリングツールの利用方法を学習する。
S-214 統計学1 - 2年 15 統計を物語としてイメージしながら、統計のプロセスをひとつずつ理解し、それぞれのポイントを押さえていく。また、統計のおもしろさを実感してもらうために、活用事例の紹介と実例に即した演習・実習を行う。
S-215 統計学2 - 2年 15 統計の考え方や用語・分析手法について、順序だてて学習する。活用事例の紹介と実例に即した演習を行う。統計の分析方法を自ら判断し、結果の考察・結論づけまでを体験してみる。
C-201 セキュリティ応用 2年 15 情報セキュリティ管理や情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)など情報セキュリティの実践的な知識や技術について、講義と過去問題を通して身に付ける。
S-206 ネットワーク応用2 - 2年 15 ネットワークの「運用」「セキュリティ」「障害対応」について、講義や具体的な事例と監視ツールの使い方の知識と技法を習得する。
S-212 ネットワーク機器演習 - 2年 60 机上で学んだネットワーク知識を生かしてCisco機器の操作方法を演習する。
S-213 実践システム開発演習 2年 15 システム開発の上流工程(要件定義、基本設計)について、5~6名のプロジェクトチームによるグループワーク形式での演習を通して、上流工程の一連の流れについて習得する。
C-511 インターンシップ - 2年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。