科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
S-203 JavaScript - 3年 15 JavaScriptの基本的な文法、制御文を学び、ビルトインオブジェクト、関数、Webブラウザのオブジェクト、DOM、jQueryの使い方を学ぶ。
R-301 プレゼンテ-ション技法 - 3年 15 プレゼンテーションの概要、種類、プレゼンテーション実施のための事前準備や心構え、表現の工夫について学習する。プレゼンテーションツールとしてのPowerPoint操作、資料作成の方法を学習する。
C-504 ホームルーム - 3年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
C-506 国試対策(秋期) - 3年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-505 国試対策(春期) - 3年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
R-303 就職対策1 - 3年 15 就職活動の場で活かすことができる知識やマナーを身に付ける。
R-304 就職対策2 - 3年 15 就職活動について自己分析から業界研究、履歴書作成などを通して就職活動をスムーズに開始できるようにする。
S-208 Webアプリケーション構築 3年 60 Tomcatを使ってJavaサーブレットとJSPを使ったWebアプリケーションの作成と脆弱性対策を学ぶ。科目Java入門、オブジェクト指向プログラミングを修了した学習者を対象とする。
G-205 Androidゲーム開発 3年 30 Androidのゲーム開発について、Androidとそのサービスについて学習し、その特徴を生かしたゲーム開発を行う。
R-305 [E]後エⅠ - 3年 15 問題演習および復習を通してCGエンジニア検定エキスパート合格を目指す。
G-210 [F]前クⅠ - 3年 15 問題演習および復習を通してCGクリエイター検定エキスパート合格を目指す。
G-202 ゲームプログラミング2 - 3年 30 講義と実習を通してC++基礎(クラス、オブジェクト指向)を習得し、C++でのゲーム作成方法を学ぶ。
G-208 ゲーム制作 - 3年 45 Unity,C#を使用し,ゲーム作品を制作する。企画~設計~制作~プレゼンの流れで作業を進める。
G-207 モバイルゲーム制作基礎 - 3年 45 次年度の制作に向けてモバイル機器上でのゲームを企画する。現在流通しているモバイル機器について調査し,どのようなゲームができるかを考える。
R-313 システム設計演習 - 3年 30 情報システムの開発に関わる技術・知識全般の理解のために、オブジェクト指向開発の方法論の1つである統一プロセスを参考にしながら、要件定義から設計までの各アクティビティを学ぶ。
R-311 ディジタル画像概論 - 3年 15 コンピュータによる図形処理と画像処理について、基礎的な理論とアルゴリズムを学習する。また、マルチメディア表現としての図形や画像・動画像の特質について学び(色の表現法、画像ファイルの特徴、アニメーションとシミュレーションの違い等)、Webブラウザ上において図形・画像が適切に処理・表現できるようにする。
R-312 マーケティング論 - 3年 15 消費者の求める商品をいかに開発し、価格を決め、どのような手段で流通させていくかといった知識を理論的に学習する。
R-314 統計科学と現象の分析 - 3年 15 データから新たな知識を得るための方法を体系化したデータサイエンスの考え方について、計算機による実習を通して学ぶ。
R-502 専門講座(後期) - 3年 30 北海道情報大学の履修科目について、レポートの書き方やテスト対策を通して、卒業に必要な単位の取得を目指す。
R-501 専門講座(前期) - 3年 30 北海道情報大学の履修科目について、レポートの書き方やテスト対策を通して、卒業に必要な単位の取得を目指す。
C-511 インターンシップ - 3年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。