科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
S-203 JavaScript - 2年 15 JavaScriptの基本的な文法、制御文を学び、ビルトインオブジェクト、関数、Webブラウザのオブジェクト、DOM、jQueryの使い方を学ぶ。
C-512 ゼミ - 2年 30 卒業前学年までに学習した内容にこれから学習する科目の内容も加味しながら、習得した技術の集大成として研究テーマを設定する。
C-501 デジタル社会の法制度 - 2年 15 情報処理技術者に必要な「法律」「制度」「標準化の必要性と動向」「サイバー犯罪」「プライバシーの問題」について、講義と事例を通して実践的な知識を習得する。
C-504 ホームルーム - 2年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
C-506 国試対策(秋期) - 2年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-507 就職指導 - 2年 15 就職活動について、業界分析、企業分析、自己分析、履歴書作成、面接練習を通して自分で活動できるようにする。
C-509 卒業研究 - 2年 120 学習の集大成としてグループで協力して卒業研究を行う。システムやそれに類するものを開発し、その過程で必要となる技術の研究も行う。研究成果は発表して評価される。
S-209 AIの活用と開発手法 - 2年 15 AI(人工知能)の「しくみ」「活用法」「利点・欠点」について、事例や演習・実習を通してAI関連システムの開発に必要な知識を学習する。
S-211 CompTIA Network+対策 - 2年 15 CompTIA Network+を受験するにあたって、講義と練習問題で資格取得に必要な実力を習得する。
S-204 Linux - 2年 15 Linuxを用いたサーバの構築・運用管理について、実習を通じてLinuxの基本的知識や操作方法、運用管理に必要な知識を習得する。
S-208 Webアプリケーション構築 2年 60 Tomcatを使ってJavaサーブレットとJSPを使ったWebアプリケーションの作成と脆弱性対策を学ぶ。科目Java入門、オブジェクト指向プログラミングを修了した学習者を対象とする。
S-201 アプリケーション開発技術 - 2年 15 システム開発の手順、各種の設計手法について講義または演習を通して理解をする。
S-202 オブジェクト指向プログラミング 2年 60 先行科目「Java」で学んだ学生に対し、講義と実習を通してJava言語によるオブジェクト指向プログラミングを学ぶ。
C-201 セキュリティ応用 2年 15 情報セキュリティ管理や情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)など情報セキュリティの実践的な知識や技術について、講義と過去問題を通して身に付ける。
S-206 ネットワーク応用2 - 2年 15 ネットワークの「運用」「セキュリティ」「障害対応」について、講義や具体的な事例と監視ツールの使い方の知識と技法を習得する。
C-511 インターンシップ - 2年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。