科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
C-112 ITストラテジとマネジメント - 1年 30 企業におけるIT戦略で重要となる「システム戦略」「経営戦略」「企業と法務」「プロジェクトマネジマント」「サービスマネジメント」について、講義を通して用語知識を習得する。
C-101 ITの職業と情報倫理 - 1年 15 これからITを学習するにあたって必要となる基礎知識とリテラシーについて、様々な具体例を通して学習する。
R-104 アルゴリズムとデータ構造1 1年 15 フローチャート及び疑似言語を用いて代表的なアルゴリズムについて、講義と演習問題を通して表現できる知識を習得する。
R-101 コンピュータシステムⅠ - 1年 15 情報処理技術者に必要な「離散数学」やコンピュータのハードウェアとしての構成要素について、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論と構成要素の基礎知識を習得する。
R-102 コンピュータシステムⅡ - 1年 15 情報処理技術者に必要なコンピュータの構成要素について、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論を習得する。
R-103 コンピュータシステムⅢ - 1年 15 情報処理技術者に必要なシステム構成やオペレーティングシステムについて、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論を習得する。
C-111 システム開発の基礎 - 1年 15 開発工程毎の作業目的、作業内容を踏まえ、システム開発の手順について、システム要件定義からソフトウェア詳細設計工程における作業目的、作業内容を講義と豊富な練習問題を通して習得する。
C-510 ゼミ - 1年 30 設定した特定のテーマについて、グループで役割分担しながら、調査研究、設計・開発・テスト、研究成果発表を行い、卒業年度ゼミ・卒業研究へとつなげていく。
C-106 ネットワークとセキュリティ - 1年 15 ネットワーク及び情報セキュリティの概念と技術に関する知識を、講義を通して習得する。
C-503 ヒューマンスキル - 1年 15 社会人基礎力の3つの力、12の能力要素について、グループ討議を中心とした演習を通して社会人としての素養を習得する。
C-504 ホームルーム - 1年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
C-506 国試対策(秋期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-505 国試対策(春期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
S-110 Java - 1年 30 様々な分野で使われるJavaの基本的な言語仕様を学び、コンパイル言語の開発方法、プログラム言語の基礎知識、アルゴリズムをプログラムで表現する方法を学ぶ。
C-514 IoTとビッグデータ - 1年 2 IoTとビッグデータの「意味」「基本要素」「利活用」と、AI(人工知能)との関連について講義と事例を通して習得する。
R-105 アルゴリズムとデータ構造2 1年 30 疑似言語を用いて整列や文字列の操作、代表的なデータ構造について、講義と演習問題を通して表現できる知識を習得する。
R-112 英語Ⅱ - 1年 15 文法に縛られた英語学習から開放することを意図した講義で、会話が基本である。
R-114 英語Ⅳ - 1年 15 現在使われている熟語やスラングも含みながら、実際の英会話を反映する内容で、さまざまな場面を想定した会話の授業である。
R-106 各種検定試験対策(大学) - 1年 75 各クラスで設定する検定試験に合格するために必要な知識を、過去に出題された問題を演習し習得する。
R-111 情報リテラシー - 1年 30 まずパソコンの基本的な操作方法と、ワープロソフトWord及び表計算ソフトExcelの使用方法を学習する。更に、マークアップ言語HTML5とスタイルシート言語CSSを用いてWebページを作成する方法を学び、インターネットを利用して情報をやり取りする際の注意点などについても知識を深めていく。
R-504 専門講座(後期) - 1年 15 北海道情報大学の履修科目について、レポートの書き方やテスト対策を通して、卒業に必要な単位の取得を目指す。
R-503 専門講座(前期) - 1年 15 北海道情報大学の履修科目について、レポートの書き方やテスト対策を通して、卒業に必要な単位の取得を目指す。
C-511 インターンシップ - 1年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。