科目番号 科目名 実務経験者
による授業
履修
年次
時間数
(90分)
科目概要
B-107 Webデザイン実習 - 1年 30 ホームページの作成技術としてHTML、スタイルシートの基礎を学び、これらを利用したホームページ作成を通して、インターネットの概念を理解する。
C-112 ITストラテジとマネジメント - 1年 30 企業におけるIT戦略で重要となる「システム戦略」「経営戦略」「企業と法務」「プロジェクトマネジマント」「サービスマネジメント」について、講義を通して用語知識を習得する。
C-101 ITの職業と情報倫理 - 1年 15 これからITを学習するにあたって必要となる基礎知識とリテラシーについて、様々な具体例を通して学習する。
B-104 J検2級対策 - 1年 15 「コンピューターシステム」「ネットワークとセキュリティ」「システム開発の基礎」「ITストラテジとマネジメント」にて習得した学習内容を踏まえて,情報活用検定2級で出題されるレベルの学習を理解する。
R-101 コンピュータシステムⅠ - 1年 15 情報処理技術者に必要な「離散数学」やコンピュータのハードウェアとしての構成要素について、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論と構成要素の基礎知識を習得する。
R-102 コンピュータシステムⅡ - 1年 15 情報処理技術者に必要なコンピュータの構成要素について、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論を習得する。
R-103 コンピュータシステムⅢ - 1年 15 情報処理技術者に必要なシステム構成やオペレーティングシステムについて、講義と豊富な練習問題を通して情報処理の基礎理論を習得する。
C-111 システム開発の基礎 - 1年 15 開発工程毎の作業目的、作業内容を踏まえ、システム開発の手順について、システム要件定義からソフトウェア詳細設計工程における作業目的、作業内容を講義と豊富な練習問題を通して習得する。
C-510 ゼミ - 1年 30 設定した特定のテーマについて、グループで役割分担しながら、調査研究、設計・開発・テスト、研究成果発表を行い、卒業年度ゼミ・卒業研究へとつなげていく。
C-501 デジタル社会の法制度 - 1年 15 情報処理技術者に必要な「法律」「制度」「標準化の必要性と動向」「サイバー犯罪」「プライバシーの問題」について、講義と事例を通して実践的な知識を習得する。
C-106 ネットワークとセキュリティ - 1年 15 ネットワーク及び情報セキュリティの概念と技術に関する知識を、講義を通して習得する。
C-503 ヒューマンスキル - 1年 15 社会人基礎力の3つの力、12の能力要素について、グループ討議を中心とした演習を通して社会人としての素養を習得する。
C-504 ホームルーム - 1年 15 学園祭のクラス企画の準備等をはじめ、クラス内で必要な議論・活動を行う。
S-108 各種検定対策 - 1年 15 各クラスで設定する検定試験に合格するために必要な知識を、過去に出題された問題を演習し習得する。
C-506 国試対策(秋期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-505 国試対策(春期) - 1年 90 国家試験である情報処理技術者試験を受験するにあたって、受験する種別ごとにクラスを分けて対策授業を実施する。
C-513 就職対策 - 1年 30 就職活動の場で活かすことができる知識やマナーを身に付ける。
C-201 セキュリティ応用 1年 15 情報セキュリティ管理や情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)など情報セキュリティの実践的な知識や技術について、講義と過去問題を通して身に付ける。
B-101 MOS対策Excel 1年 60 Microsoft Office Specialist Excel 2016 の取得に必要な、Excelの操作方法を学習する。
B-102 MOS対策Word - 1年 45 Microsoft Office Specialist Word 2016 の取得に必要な、Wordの操作方法を学習する。
B-108 簿記検定3級対策 - 1年 60 日商簿記検定3級の取得に必要となる借方(左側)と貸方(右側)に分けて記帳する技術を身につける。講義と過去問題を通して簿記の基本知識を習得する。
C-511 インターンシップ - 1年 15 学校で学んだ専門知識・技能などを基礎として、企業などで就業体験し、業種や職種による仕事の内容の違いなどを理解する。