大学併修科 [4年課程]医療システム専攻

医療知識とITスキルを兼ね備えた医療情報のスペシャリストに

電子カルテをはじめとするIT化が進む医療業界では、医療と情報の両分野に強い人材が求められています。医療情報についてはもちろん、さらに経営にも通じる幅広い知識を習得します。

めざす資格は

[ 国家資格 ]
情報処理安全確保支援士
ネットワークスペシャリスト
データベーススペシャリスト
応用情報技術者
基本情報技術者
情報セキュリティマネジメント
ITパスポート など
[ 医療系資格 ]
医療情報技師能力検定
医療情報基礎知識検定
医療事務技能審査試験
(メディカルクラーク) など
[ 教員免許 ]
高等学校教諭一種免許(情報・商業・数学)
中学校教諭一種免許(数学)

めざす未来の姿は

医療系システムエンジニア

主にソフトウェア開発会社などに所属し、医療会計システムや電子カルテなど、医療情報システムの開発やサポートに携わります。

セキュリティエンジニア

不正アクセスやウイルスなどに対応しネットワークを守るなど、企業のセキュリティーに携わります。

医療情報技師

電子カルテや検査・診断システムなど、医療に関わるシステムの企画、開発、運用、保守などを担います。

curriculum 〈 4年間の学び 〉

学ぶこと

※カリキュラムは一部抜粋したものです。カリキュラム変更により、科目及び使用ソフトが変わる場合があります。

pick up 〈 ピックアップ 〉

  • 病院情報システム

    病院情報システム

    専門学校科目

    医療情報システムの特性と、その代表例である病院システムの概要、設計、開発、導入から運用までの手順を学び、医療現場のシステム化を理解します。

  • 英語

    英語

    大学科目

    会話力や聞き取り力などを発展させ、会話力を向上させることを目的とします。現在使われている熟語やスラングも含み、さまざまなシチュエーションを想定して学びます。