情報システム専門科 [3年課程]医療情報専攻

IT化を通じて安心・便利な医療に貢献する医療情報技師に!

医療情報技師は医療現場での一般的な知識や医療制度を理解したうえで、システムを通して医療の安全・安心を確保する必要があります。これらを網羅したカリキュラムで、医療現場に必要な知識、技術、人間性を身につけます。

めざす資格は

[ 国家資格 ]
情報処理安全確保支援士
応用情報技術者
基本情報技術者
情報セキュリティマネジメント など
[ ベンダー資格 ・ 検定資格 ]
SEA/J (情報セキュリティ認定資格)
情報検定 (J検) など
[ 医療系資格 ]
医療情報技師能力検定
医療情報基礎知識検定
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

めざす未来の姿は

医療情報技師

「医学」と「情報技術」に精通し、受付、診療検査機器、会計などのオンラインシステムの導入、運用などに携わります。

医療系システムエンジニア

主にソフトウェア開発会社などに所属し、医療会計システムや電子カルテなど、医療情報システムの開発やサポートに携わります。

医療事務

受付業務、診療費の計算、診療報酬の請求、カルテ管理など、医療現場を円滑に機能させるためのさまざまな業務に携わります。

curriculum 〈 3年間の学び 〉

学ぶこと

※カリキュラムは一部抜粋したものです。カリキュラム変更により、科目及び使用ソフトが変わる場合があります。

pick up 〈 ピックアップ 〉

  • 電子力ルテシステム

    電子力ルテシステム

    各診療科のデータを一元管理する電子力ルテシステム、検査データの特長などを勉強し、病院内のシステムの1つとして学習します。

  • 病院実習

    病院実習

    実務や現場の雰囲気など、学校だけでは学ぶことのできない多くのことを実際の医療現場で体験できる貴重な機会です。医療情報技師の仕事内容などについて見学・実習を通して学びます。

  • 医療情報技師対策

    医療情報技師対策

    「医学」と「情報技術」に精通し、医療現場のIT化を支える医療情報技師。JOHOは県内専門学校唯一の「医療情報技師育成校」です。