情報システム専門科/3年課程
アプリ開発専攻

日々発展するシステム環境に対応したアプリ開発技術者をめざす

アプリ開発専攻

学びの特色

情報通信システムの発展と普及で、ますますアプリケーションシステムの開発需要が増えています。
アプリ開発専攻ではアプリケーションソフトを制作するために必要な技術に加えて、スマートフォン、タブレット等モバイル関連技術にも精通したシステムエンジニアを育成します。

将来の職業・めざす資格

アプリ開発技術者

アプリ開発技術者

スマートフォンやタブレットPCの普及には、アプリケーションソフトの豊富さがあり、開発技術者にも注目が寄せられています。
システムエンジニア

システムエンジニア

お客様の要望を聞き、希望の機能を実現させるための設計や工程の計画・管理を行います。コンピュータ知識はもちろん、対象業務に関する理解力も求められます。
Webシステム開発技術者

Webシステム開発技術者

高度で使いやすく、スピーディーに、とWebニーズは高まっています。それを支える専門技術者は現在の花形職業のひとつです。

めざす資格

  • 国家試験(情報処理技術者試験)
    • ●データベーススペシャリスト
    • ●情報セキュリティスペシャリスト
    • ●応用情報技術者
    • ●基本情報技術者
    • ●情報セキュリティマネジメント など
  • ベンダー資格・検定資格
    • ●Android技術者認定試験
    • ●OracleMaster(SQL)
    • ●情報検定(J検) など

入学から3年間の主なカリキュラム

1年生

スマートフォンやタブレットのアプリ開発に必要な基礎知識を徹底的にマスターします。

主な科目

  • ■ハードウェア
    ■ソフトウェア
    ■データベースの基礎
    ■ネットワークと
     セキュリティ
  • ■ITストラテジと
     マネジメント
    ■アルゴリズム基礎
    ■システム開発の基礎
    ■ビジネスソフト(Excel)
  • ■Java言語
    ■SEA/J基礎
    ■各種検定試験対策
    ■国家試験対策
  • ■ホームルーム
2年生

アプリケーションソフトの開発のための専門的な科目の授業で基礎から応用まで身につけていきます。

主な科目

  • ■オブジェクト指向設計
    ■オブジェクト指向
     プログラミング
    ■Linux
  • ■Webアプリケーション構築
    ■ヒューマンスキル
    ■ビジネスマナーと文書技法
  • ■企業連携講義科目
    ■Android
     アプリケーション開発
    ■Android
     技術者認定試験対策
  • ■各種検定試験対策
    ■国家試験対策
    ■ホームルーム
3年生

自分で考えたアプリを発表する卒業研究発表もあり、開発にも熱が入ってきます。

主な科目

  • ■XML
    ■システム構築総合演習
    ■プロジェクト管理
  • ■Android
     アプリケーション開発
    ■システムデザイン
    ■企業連携講義科目
  • ■就職指導
    ■ゼミ
    ■卒業研究
  • ■国家試験対策
    ■ホームルーム

ピックアップ カリキュラム

ピックアップ カリキュラム

企業連携講義科目

JOHOは文部科学省より職業実践専門課程の認定を受けていますので、企業と連携をすることで現場で必要な実践的な技術が身につく環境を整えています。
※連携企業である(株)SCCの社員による特別講義。

PAGETOP